| HOME | Whose Drinks | Liquor | Face of L J | Live Top | Event | Souvenir | China |
| ことわざ | 音曲祝祭行 | 東京発20:00 | 遊民・LINKS | recruit |



【ご注意 】4月のライブは時間を変更して行います。
[午後6:00開店/午後6:30演奏開始]
2024年4月

7日  ▼

今堀恒雄 , 類家心平

13日  ▼

六弦詩人義家, 谷川賢作

14日  ▼

HISASHI, 田中信正, 佐藤芳明

20日  ▼

坂田明, 栗田妙子, ピンクジェームス

21日  ▼

中嶋朋子, 四家卯大

27日  ▼

斎藤ネコ, 近藤達郎


電話予約
LADY JANE 03-3412-3947
BIGTORY 03-3419-6261
MAP >>>>>>
Google Mapはコチラ


4.7(日)
start 6:30 pm
2 stages

真情あふるる軽薄
今堀恒雄 (g)
類家心平 (tp)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

マージナリスクの今堀とピカレスクの類家が組めば、バーレスクに接近しつつ、グロテスクを回避してユーモレスクを提示した先進性の奇想の調べなのだ。


4.13(土)
start 6:30 pm
2 stages

春の別れと金鳳花
六弦詩人義家 (g, 詩朗読)
谷川賢作 (p, 詩朗読)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

分かつ枝端に五弁の黄花キンポウゲとは野辺長閑にして、茜雲辺り一面黄金色の<金鳳花子らの遊びは野にはずむ 多佳子>


4.14(日)
start 6:30 pm
2 stages

桜うぐいの燗処
HISASHI (vo)
田中信正 (p)
佐藤芳明 (accordion)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)

渓流に足を運ぶ今時は、恋の季節の鯉が朱色の肌を走らせて桜うぐいに変身川を染めれば、即満足するものか! さて、一献を!


4.20(土)
start 6:30 pm
2 stages

穀雨と生長
坂田明 (as, cl)
栗田妙子 (p)
ピンクジェームス (ds)

charge:¥4,000
(予約¥3,500)
+ Drink Fee

シカゴにルーツを持つジェームスがピンクなのか?ピンクがジェームスなのか?アキオは付け足しなのか? ずんだ福島に、堪えない越境の栗田ピアノを率いる坂田明の鞭の使い方!


4.21(日)
start 6:30 pm
2 stages

『TUQUISIQUA ツキシカ』牡丹の華咲く
中嶋朋子 (朗読)
四家卯大 (cello, etc)

charge:¥4,500
(予約¥4,000)
+ Drink Fee

ブルトンとは言わない迄も、湯水の如く溢れ出てくる“言葉”たちを紡ぐ織女を導く、セロ弾きゴーシュの二人の晩春は愁いも旅の道連れ。


4.27(土)
start 6:30 pm
2 stages

初夏へ橋掛ける
斎藤ネコ (vln)
近藤達郎 (p, etc)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

必聴の音の回廊迷宮回路、駆け巡り終えれば桜は王座を明け渡し、葭や葦が在野に蔓延り、牡丹やつつじが色気どうだとばかり見得を切る。



TOP