| HOME | Whose Drinks | Liquor | Face of L J | Live Top | Event | Souvenir | China |
| ことわざ | 音曲祝祭行 | 東京発20:00 | 遊民・LINKS | recruit |

2017年8月

6日  ▼

一噌幸弘, 高木潤一

12日  ▼

板橋文夫, 太田惠資

13日  ▼

早川純, 吉見征樹

19日  ▼

八木美知依

20日  ▼

カルメン・マキ, 内橋和久

27日  ▼

山岡未樹, ハル高内, 香川裕史


電話予約
LADY JANE 03-3412-3947
BIGTORY 03-3419-6261
MAP >>>>>>


8.6(日)
start 7:30 pm
2 stages

『WARABUKI日本のうた』発売記念
一噌幸弘 (能管, 篠笛, リコーダー)
高木潤一 (g)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

能楽師一噌流笛方とフラメンコギターの調合で生まれた新譜は、叙情と激情が『五木の子守唄』から『天城越え』まで揺れる。


8.12(土)
start 7:30 pm
2 stages

釜の口
板橋文夫 (p)
太田惠資 (vln, voice)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

地獄の釜の口が開く日は、旧盆の入りの日、ひぐらしの鳴く日の来れば、秋の気配の忍び寄り、歌舞音曲の夜の長き日到来す。


8.13(日)
start 7:30 pm
2 stages

『Tango Session!』発売記念
早川純 (bandoneon)
吉見征樹 (tabla, kanjira)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

今は冬のアルゼンチンの音楽で真夏のお盆を彩る魂胆も、バンドネオンの相手がインドのタブラとくれば一筋縄でいくものか。


8.19(土)
start 7:30 pm
2 stages

大山詣の宵の花
八木美知依 (十七絃箏, 二十一絃箏) SOLO

charge:¥2,900
(予約¥2,500)
+ Drink Fee

ひと昔大山詣が江戸の花、世田谷道駆ければ六根清浄、志ん生、圓生、柳枝、志ん朝が噺すやうに、帰りは鎌倉通りの道草よ!


8.20(日)
start 7:30 pm
2 stages

『デラシネ』
カルメン・マキ (歌, 朗読),
内橋和久 (g, daxophone)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

今年3月に7inchアナログ盤『デラシネ』をリリースした!が歌姫の慰めの一夜を過ぎれば又よその街。デビューした『戦争は知らない』の時から、あらかじめデラシネだったのだ。


8.27(日)
start 7:30 pm
2 stages

『I Remember Clifford』から20年
山岡未樹 (vo)
ハル高内 (g)
香川裕史 (b)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

去年35周年コンサートに、ジャズ界の重鎮ベニー・ゴルソンを招聘して敢行した山岡未樹が、久し振りに下北沢に帰って来た。



TOP