| HOME | Whose Drinks | Liquor | Face of L J | Live Top | Event | Souvenir | China |
| ことわざ | 音曲祝祭行 | 東京発20:00 | 遊民・LINKS | recruit |

2017年5月

6日  ▼

斎藤ネコ, グレート栄田, 山田雄司, 藤森亮一

7日  ▼

富樫春生 , 田中邦和, 岡部洋一

13日  ▼

一噌幸弘, 高木潤一

14日  ▼

寺田町, 板谷大

20日  ▼

鳥居真里子, 蜂谷真紀, 吉野弘志

21日  ▼

翠川敬基, 四家卯大, 星衛

28日  ▼

菊地雅晃, 松村拓海


電話予約
LADY JANE 03-3412-3947
BIGTORY 03-3419-6261
MAP >>>>>>


5.6(土)
start 7:30 pm
2 stages

『斎藤ネコ弦楽カルテット』
斎藤ネコ (vln),
グレート栄田 (vln)
山田雄司 (vla)
藤森亮一 (vc)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

1987年9月5日に、池田光夫をゲストに産声上げたネコカルが、1年ぶりに戻ってくると、山あり谷ありの結成30周年だった。


5.7(日)
start 7:30 pm
2 stages

『Herb-Tea』
富樫春生 (p)
田中邦和 (sax)
岡部洋一 (perc)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

夏の予感の季節を得て、勢いづくハーブの種類は数々あれど、このハーブティはワインで言えば、フルボディのヴィンテージ。


5.13(土)
start 7:30 pm
2 stages

『WARABUKI 日本のうた』発売記念
一噌幸弘 (能管, 篠笛, リコーダー, etc),
高木潤一 (g)

charge:¥3,200
(予約¥2,800)
+ Drink Fee

能楽師一噌流笛方とフラメンコギターの名手が新譜を出すからと、呆れ感動するのが、五木の子守唄から天城越えまで。


5.14(日)
start 7:30 pm
2 stages

立夏過ぎ山滴る
寺田町 (vo, g)
板谷大 (p)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

コヨーテの喉にも新緑の季節が到来し、一冬を過ごした山もシャクナゲ色に黄昏れて、北の大地のピアノの君の臨戦だ。


5.20(土)
start 7:30 pm
2 stages

十七文字の恋
鳥居真里子 (俳句)
蜂谷真紀 (vo, voice, p)
吉野弘志 (b)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

青葉の笛は悲しからずや平氏の末期、幕末なれば近藤勇斬首の日なれ。池端の青に割り入る鮮血や紫紺の菖蒲たれぞアヤメる。


5.21(日)
start 7:30 pm
2 stages

チェロ×チェロ×チェロ
翠川敬基 (cello)
四家卯大 (cello)
星衛 (cello)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

待ちぼうけすれば木の根っこが転げるが、瓢箪から駒ならぬ瓢箪鯰となり、チェロでトリオと遊びをせんとや生まれけむ。


5.28(日)
start 7:30 pm
2 stages

麦秋至る
菊地雅晃 (b, effects)
松村拓海 (fl, effects)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

2012年の菊地の『ON FORGOTTEN POTENCY』のflの松村を迎え、アコースティックでダブでサイケなミクスチャー音楽。



TOP