| HOME | Whose Drinks | Liquor | Face of L J | Live Top | Event | Souvenir | China |
| ことわざ | 音曲祝祭行 | 東京発20:00 | 遊民・LINKS | recruit |

2016年4月

3日  ▼

柴田奈穂, 田辺和弘, 西村直樹

10日  ▼

梅津和時, Samm Bennett, 斎藤ネコ

13日  ▼

千野秀一, 向島ゆり子, 瀬尾高志

16日  ▼

岩川光

17日  ▼

太田惠資, 八木美知依

24日  ▼

カルメン・マキ, 内橋和久

30日  ▼

鈴木広志, 東涼太, 上運天淳市


電話予約
LADY JANE 03-3412-3947
BIGTORY 03-3419-6261
MAP >>>>>>


4.3(日)
start 7:30 pm
2 stages

卯波高し
柴田奈穂 (vln)
田辺和弘 (b)
西村直樹 (b)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee
“卯の花の匂う垣根に不如帰早も来鳴きて”は旧暦の話であっても、<あるときは船より高き卯浪かな 真砂女>が良い。

4.10(日)
start 7:30 pm
2 stages

『サード・パーソン』+1
梅津和時 (sax, cl)
Samm Bennett (perc)
featuring 斎藤ネコ (vln)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

産声をあげたのは25年前。トムを失って二人ボッチで今に引き継ぐ今回の、お助けマンはネコだ文句ないだろ。


4.13(水)
start 7:30 pm
2 stages

『ハウス・オブ・ワスプス』の影
千野秀一 (p)
向島ゆり子 (vln)
瀬尾高志 (b)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee
去年トリスタン・ホンジンガーとヨーロッパを楽旅した「JUST OFF」の3人が、日本の地から海の向こうの彼の主に届けと!

4.16(土)
start 7:30 pm
2 stages

翼を持ったケーナ
岩川光 (quena) SOLO

charge:¥2,900
(予約¥2,400)
+ Drink Fee

2012年4月、一陣の風を巻き起こしてサッと南米各地に消えていったケーナの風は、アンデス楽器の概念を素っ飛ばす、ポロロッカかはたまた竜巻か還来。


4.17(日)
start 7:30 pm
2 stages

ユリシーズの旅の途中
太田惠資 (vln, voice)
八木美知依 (十七弦箏, 二十一弦箏)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

「ユリシーズの旅」の蒼穹を駆ける、エレキテルなハイパー・フィドル奏者とヘビメタ重低音箏奏者の始まりの終わりの∞。


4.24(日)
start 7:30 pm
2 stages

私はデラシネ2
カルメン・マキ (vo, 朗読)
内橋和久 (g)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

今育ったジャズ音楽家は第幾つ世代と言われるのだろうか。先達は先達に習い、後輩は後輩を育てる。ジャズの輪廻転生だ。


4.30(土)
start 7:30 pm
2 stages

霾風 つちふるかぜ
鈴木広志 (sax)
東涼太 (sax)
上運天淳市 (sax)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

<黄砂濃し日冰輪となりて去る しずの女>と言うほどに、文化は天空の偏西風のなせる企みなれど、これは偏東風なのだ。



TOP