| HOME | Whose Drinks | Liquor | Face of L J | Live Top | Event | Souvenir | China |
| ことわざ | 音曲祝祭行 | 東京発20:00 | 遊民・LINKS | recruit |

2016年2月

7日  ▼

太田惠資, 今堀恒雄, 天田透

14日  ▼

四家卯大

20日  ▼

山崎阿弥, 坂本弘道

21日  ▼

柴田奈穂, 熊坂ルツ子

27日  ▼

森重靖宗

28日  ▼

カルメン・マキ, 太田惠資, 清水一登


電話予約
LADY JANE 03-3412-3947
BIGTORY 03-3419-6261
MAP >>>>>>


2.7(日)
start 7:30 pm
2 stages

和布刈 わかめがり
太田惠資 (vln, voice)
今堀恒雄 (g)
天田透 (bass-f, etc)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee
万物に先駆けて芽を出す縁起物の太今天を、昔から和布と言って、関門を見下ろす和布刈神社では、旧正月に神事を行う。

2.14(日)
start 7:30 pm
2 stages

新譜『とりのうた』
四家卯大 (cello) solo

charge:¥2,800
(予約¥2,400)
+ Drink Fee

カタローニャでなくてもシモキタでも、ピース、ピースと啼いてた鳥は哭いている。今、チェロ・ソロで甦る讃歌絶唱。


2.20(土)
start 7:30 pm
2 stages

雨水温む
山崎阿弥 (声, 歌)
坂本弘道 (cello, music saw)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee
水中に魚の姿が見え始め、雨水は草木を芽吹き始める時、水音を呼び込み風音を呼び込み、賢治のように弓は空を斬る。

2.21(日)
start 7:30 pm
2 stages

『トワトワト』
柴田奈穂 (vln)
熊坂ルツ子 (acco)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

「ラストタンゴ」の奈穂がルツ子と組む別バンド名は、アイヌ語で「きつねの足音」を言うが、二人の音は丸で火の弾丸。


2.27(土)
start 7:30 pm
2 stages

麦踏はひとりで
森重靖宗 (cello) solo

charge:¥2,800
(予約¥2,400)
+ Drink Fee

伸び過ぎを押さえ、霜の浮き上がりを押さえるのが麦踏ならば、起きる為に廻るのか廻る為に起きるのか、独楽のようにチェロ独奏は、即興の領域から弾き語りに向う。


2.28(日)
start 7:30 pm
2 stages

私はデラシネ
カルメン・マキ (vo, 朗読)
太田惠資 (vln)
清水一登 (p, etc)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

詩劇のように?<デラシネ>とは根無しではなくて、テラヤマの子マキの場合は、汲んでも尽きぬ珠玉の言葉を持ち合わせている<自由>のことを言う。



TOP