| HOME | Whose Drinks | Liquor | Face of L J | Live Top | Event | Souvenir | China |
| ことわざ | 音曲祝祭行 | 東京発20:00 | 遊民・LINKS | recruit |

2015年11月

3日  ▼

U-zhaan, Steve Oda

7日  ▼

DAY&TAXI [Christoph Gallio, Silvan Jeger, David Meier]

8日  ▼

廣木光一

15日  ▼

喜多直毅

22日  ▼

高本一郎, 常味裕司

29日  ▼

坂田明, Jim O'Rourke, 山本達久


電話予約
LADY JANE 03-3412-3947
BIGTORY 03-3419-6261
MAP >>>>>>


11.3(火・祝)
start 7:30 pm
2 stages

下弦のグリッサンド
U-zhaan (tabla)
Steve Oda (sarod)

charge:¥3,000
(予約¥2,700)
+ Drink Fee
世界一難しい打楽器タブラを絵画のように指で操るユザーンが、同じインドが故郷のサロードを奏でるスティーブ・オダと創る、悠久のグリッサンド。

11.7(土)
start 7:30 pm
2 stages

『DAY&TAXI』
Christoph Gallio (sax)
Silvan Jeger (b)
David Meier (ds)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

JAPAN CULTURAL EXCHANGE TOUR 2015
Switzerland meets Japan!


11.8(日)
start 7:30 pm
2 stages

立冬の夜
廣木光一 (g) ソロ

charge:¥3,000
(予約¥2,500)
+ Drink Fee
20年位前に出したソロCD『タンゴ インプロビサード』のタンゴからも解放された、毛穴から沁み入る音が又襲う。

11.15(日)
start 7:30 pm
2 stages

音の綿虫
喜多直毅 (vln) ソロ

charge:¥3,000
(予約¥2,500)
+ Drink Fee

西洋楽器の権化ヴァイオリンが越境の果てのロマの様に、いつの間にか骨肉化した民俗楽器に変貌してゆくのだ。


11.22(日)
start 7:30 pm
2 stages

子午線の音
高本一郎 (luth)
常味裕司 (oud)

charge:¥3,200
(予約¥2,700)
+ Drink Fee

ペルシャを起源とするウードと、中世ルネッサンスのリュートの古楽弦楽器の旗手が、西方の時空旅へと誘う。


11.29(日)
start 7:30 pm
2 stages

三の酉だ、火難の準備せよ!
坂田明 (sax, cl)
Jim O'Rourke (g, etc)
山本達久 (ds)

charge:¥3,500
(予約¥3,000)
+ Drink Fee

北海道の夏を中心に音曲りまくった3人が、夏のキリギリスの例えもあるというに冬構えも何のその火を点ける。



TOP